ポータブル


  1. -抽象化レイヤー (OS, カスタムI/O, 標準Cライブラリー))

  2. -シンプルなAPI

  3. -OpenSSL互換レイヤーで容易な移行

  4. -幅広いプラットフォームサポート

小型軽量


  1. -コンパクトなコード: 20-100kB

  2. -実行時メモリ:  1-36kB

  3. -最小構成はopenSSLの1/20

製品

Products -> CyaSSL 組込みSSLライブラリ

サイファーサポート

  1. CyaSSLはARM, インテル, モトローラ, mbed, フリースケール, マイクロチップ (PIC32), ST (STM32F2/F4), NXP, アナログデバイス他各社の暗号化をサポートしています。


  1. CyaSSLでこれ以外のサイファー利用をご希望の方はwolfSSLサポート宛ご連絡ください。

CyaSSL 組込みSSLライブラリ (wolfSSL)

Version:  3.0.0

Release Date: 04/29/2014

改版履歴

プラットフォームと言語サポート

CyaSSLは最大のポータビリティを得られるようにビルドされていて、通常、新しいプラットフォームでも非常に簡単にコンパイルすることができます。ご検討中のプラットフォームがサポート・プラットフォームリストに見あたらない場合はコンタクトにご相談ください。


Java, PHP, Perl, および Python (swig インタフェースによる)。ご検討中のプログラミング言語がサポート言語のリストに見あたらない場合は コンタクトまでご相談ください。


商用サポート

年間契約ベースのyaSSL直接のCyaSSLサポートパッケージ。  3種類のパッケージを詳細に比較、お客さま固有のご要望にもっとも適したパッケージをお選びいただくことができます。詳細は.  サポートパッケージ サポートパッケージのページをご覧ください。


ベンチマーク

ベンチマーク情報について詳しくはCyaSSLベンチマーク・ページ or コンタクトをご参照ください。


RAM所要量についてさらに資料をご希望の方はコンタクトまでご連絡ください。


特殊ビルド

LeanPSK - wolfSSLは、このたび20kBという超コンパクトなライブラリ・ビルドを可能にするCyaSSLビルド・オプションを実現しました。このビルド構成では事前共有鍵(PSK)を使用する必要があります。コンタクト宛お本機能の詳細に関してはい合わせください。


CyaSSLトレーニング・コース

wolfSSLチームによるCyaSSLとSSL/TLSトレーニング・コースにご興味がおありですか?  Learn more.


ドキュメント:

CyaSSLはオープンソースと商用のデュアル・ライセンスです。  詳しくは以下のリンクをご参照ください。

ライセンスとご注文:

ツイッター、フェースブック

最新情報はこちらで:

  1.   ツイッター

English日本語)

  1.   フェースブックへのリンク

Download Now

GPLv2の最新バージョンを入手!

OSサポート

  1. Win32/64, Linux, Mac OS X, Solaris, ThreadX, VxWorks, FreeBSD, NetBSD, OpenBSD, embedded Linux, WinCE, Haiku, OpenWRT, iPhone (iOS), Android, Nintendo Wii and Gamecube through DevKitPro, QNX, MontaVista, OpenCL, NonStop, TRON/ITRON/μITRON, Micrium's μC/OS, FreeRTOS, SafeRTOS, Freescale MQX, Nucleus, TinyOS, HP/UX, ARC MQX


  1. その他の実行環境でCyaSSLをテストいただくお客さまはサポートいたしますので、弊社にご相談ください。

ハイライト


  1. -最新の TLS 1.2 and DTLS 1.2

  2. -クライアント、サーバのフル機能をサポート

  3. -各種先端的暗号化サポート

  4. -鍵、証明書の生成

  5. -OCSP, CRLのサポート

  6. -サポートサービスの提供

説明

CyaSSL組み込みSSLライブラリーはANSI Cで記述されたノンOSの組み込みおよびRTOS環境をターゲットとしたSSLライブラリーです。基本的にメモリーサイズ、処理速度、また提供機能といった点で小型軽量に作られています。 また、ロイヤルティ・フリー、多様なクロスプラットフォーム・サポートといった理由から、一般的な実行環境でも幅広くご使用いただいています。  最新の標準TSL1.2とDTLS1.2レベルまでをサポート。openSSL互換APIを提供しながら、最小構成ではOpenSSLの1/20。HC-128, RABBIT, NTRU, SHA-3. などの最新暗号、ハッシュ・アルゴリズムを提供します。ユーザさまのベンチマーク、フィードバックでもOpenSSLに対して劇的な性能改善が報告されています。

Features

  1. SSL バージョン3.0、TLS バージョン1.0, 1.1 および 1.2 (クライアント、サーバ)

  2. DTLS 1.0, 1.2のサポート (クライアント、サポート)

  3. 必要メモリサイズ 10-100 kB(ビルド時オプション、環境に依存)

  4. 実行時メモリサイズ 1-36 kB (I/Oバッファサイズ、公開鍵アルゴリズム、鍵サイズに依存)

  5. OpenSSL互換レイヤ

  6. OCSPおよびCRLサポート

  7. 幅広いハッシュ関数:

            MD2, MD4, MD5, SHA-1, SHA-2, SHA-256,

            SHA-384, SHA-512, BLAKE2b, RIPEMD-160

  1. ブロック、ストリーム, 認証サイファー:

            AES (CBC, CTR, GCM, CCM), Camellia, DES,

            3DES, ARC4, RABBIT, HC-128

  1. 公開鍵オプション:   

            RSA, DSS, DH, EDH, NTRU

  1. パスワードベース鍵

            HMAC, PBKDF2, PKCS#5

  1. ECCサポート

            ECDH-ECDSA, ECDHE-ECDSA, ECDH-RSA,

            ECDHE-RSA

  1. RSA Key Generation

  2. クライアント認証のサポート

  3. PSK(事前共有鍵)

  4. シンプルなAPI

  5. パーシステントセッションと証明書キャッシュ

  6. zlib圧縮サポート

  7. 交換可能な暗号化、証明書ライブラリー

  8. PEM、DER 証明書サポート

  9. x509 v3 RSA、ECC署名の証明書生成

  10. PKCS #7 - 暗号メッセージ・シンタックス (CMS)

  11. PKCS #10 - 証明書署名要求 (CSR)

  12. PKCS #8, #5, #12 秘密鍵暗号化

  13. TLS拡張のサポート:

            SNI (Server Name Indication)

            Maximum Fragment Length

            Truncated HMAC

            Supported Elliptic Curves

  1. 証明書管理

  2. ハードウェア暗号エンジンのサポート

            インテルAES-NIサポート

            STM32F2/F4ハードウェア暗号化サポート

            Cavium NITROXサポート

  1. SSLスニファ (SSLインスペクション)サポート

  2. IPv4、IPv6サポート

  3. 抽象化レイヤー/ユーザ・コールバック

            C Standard Library, Custom I/O,

            メモリー・フック, ロギング・コーフバック,

            ユーザ・アトミック・レコード層処理,

            公開鍵

  1. yaSSL Embedded Web Server support (see yaSSL EWS)

  2. MySQLインテグレーション

  3. Lighttpd, GoAhead, Mongoose Webサーバのサポート

  4. stunnelインテグレーション

Copyright 2014 wolfSSL Inc.  All rights reserved.